大阪府藤井寺市 池田医院 内科・胃腸科・循環器科・小児科・皮膚科・糖尿病専門外来・胃がん、大腸がん検診・往診・在宅医療

医療法人 真貴会 池田医院本文へジャンプ
池田医院の糖尿病について
糖尿病とシックデイ(特に糖尿病の薬との関係)
糖尿病のシックデイとは糖尿病を持った人が風邪、腸炎等他の急性疾患に罹患した場合になった時の体調の悪い日と考えることがわかりやすいです。
体調を崩すと、ストレスホルモンの影響で血糖が高くなる反面、薬物治療中では、食事量の減少から低血糖になる危険性もあります。
最悪の場合は血糖のコントロ-ルが困難になり、上手に対処できないと死を招くこともあります。
この時の対応策としてまとめたものをシックデイル-ルと呼ばれています。
風邪等で血糖が上がる理由
人間の体は急に病気になると、血糖上昇させる仕組みになっています。
体が緊急事態を察知して、様々なホルモンを分泌させて病気に対処しようとします。
このときに増加したホルモンが血糖を上昇させ、血糖を下げるホルモンのインスリンの分泌や働きを抑制します。
また発熱や下痢で食欲が落ちたりすると、脱水症状が起こり、また高血糖も加わり、血液が濃縮してしまいます。
シックデイでの危険な状態とは?
糖尿病のシックデイでは新たに加わった疾患だけではなく、増悪する可能性のある糖尿病の治療も必要です。
両方の疾患が関係しあった結果、急速に悪化する事態も招きかねません。
最悪の場合はケトアシド-シス性昏睡や、高浸透圧性高血糖症候群による昏睡を起こし、死亡することもあり、重症化するまでに適切な治療を行う必要があります。
糖尿病のシックデイは内科系の風邪やインフルエンザなどの感染症、胃腸炎等の消化器疾患だけでなく、やけど,骨折、手術等広く含みます。ケトアシド-シスは血液中のインスリン作用が極端に不足した状態の時に起こります。
インスリンが極端に不足すると筋肉ではブドウ糖をエネルギ-源として効率的に使う事が出来ず、脂肪組織を分解して、血液中の脂肪酸を増加させ利用します。
増加した脂肪酸は肝臓でケトン体に変化して、血液が酸性となり、重症化すると、昏睡から死に至ることがあります。
特にインスリンの自己分泌がほとんど認められない患者さんで特に注意が必要です。
高浸透圧性高血糖症候群は高血糖になると、尿糖が増加し、尿量が増加して、脱水症状がでやすくなります。水分摂取が上手に出来ないと、脱水がひどくなり、高血糖も加わって、血液が濃縮された状態(高浸透圧状態)となり、昏睡状態、死亡に至る場合があり、非常に危険です。
喉が渇いていることに気付きにくい高齢者、嘔吐や下痢で水分失なわれやすいシックデイの患者さんで起きやすく、水分摂取がとても大切です。
シックデイル-ルとは?
いくつもの要因が重なって、軽い日常的な病気が重症化しやすいシックデイ。糖尿病状態がなければさほど心配のない病気であっても糖尿病状態があれば、変化に対応する力が不足していることを常に忘れることがないようにしたいです。
普段の生活でも糖尿病は自己管理しなければならない病気ですが、自己管理の範囲内で出来る適切な対応の方法としてシックデイル-ルがあります。下図に示しました。
シックデイル-ルの4か条
シックデイル-ル4か条について詳しく解説します。

1)温かくして、安静にする。
  特に感染症のときは体力の消耗を防ぎ、抵抗力を高めることで悪化を防ぐことが可能です。

2)食物、水分、ミネラル(電解質)をとる。
  普段通りの食事でなく、食べやすいものや、消化吸収の良い炭水化物を軸に食品交換して、摂  取カロリ-をできるだけ保てるようにしましょう。電解質を補給するためには、塩分のある味噌   汁やス-プ、カリウムの多い果汁等を温め、冷たくないものをゆっくり飲みましょう。

3)早めに主治医に受診または連絡をとる。
  症状の軽い風邪や胃腸炎等の場合は温かくして、安静にして市販の薬で様子をみることも可能  かもしれませんが、もしも下痢や嘔吐が続き、全く食事がとれないときや激しい腹痛や38度以   上の高熱が続くときなどは、症状が重症化しやすいので、すぐに受診するか、連絡をとって主治  医の指示を受けましょう。
  また65才以上高齢の方は病状が急に悪化しやすく、高浸透圧性高血糖症候群による昏睡を起  こすことがよくあるので、早めの受診が必要です。
  下図にシックデイ時に医療機関の受診の必要な 場合を示しました。

4)病状をこまめにチェックする。
  シックデイのときは、できる限り血糖を測定している場合は血糖値、体温、食事量、自覚症状な  ど、できる限り数値化してこまめにチェックすることが大切で、気になる異常がある場合は主治  医に報告して、指示を受けるようにすること食事や水分の摂取量によりインスリンや経口薬の   調整が必要になります。
  また輸液の必要性も判断できます。
  こまめに自己チェックすることで、主治医も適切な指示が出せます。
  自分でセルフチェックするのが難しいときは家族にも協力してもらい、状態をこまめにチェックし  てください。
上に戻る
 COPYRIGHT(C) 医療法人真貴会 池田医院 ALL RIGHTS RESERVED.